【欅坂46】つぶやきFES 博欅場所に行ってきた

2017年3月7日、両国国技館で開催された、「つぶやきFES 博欅場所~GUM ROCK FES2~」に行ってきました。

 

両国駅を出るとすぐそばに国技館はあります。開演18時半の、開場17時。僕は17時過ぎに到着したのですが、その時点ですでに多くの人が。それでも、今回は指定席ですでに券も確保している!握手会の時と違って楽でした。

 

f:id:kawakami7jp:20170307232251j:plain 

力士ののぼりが掲げられているのかな、と思いきや、、、

 

f:id:kawakami7jp:20170307232555j:plain

実は、HKTと欅坂の名前が入ったのぼりなのです。雰囲気だしててかっこいい!

写真がひどくて申し訳ありません。。

 

 

会場は、普段土俵がある場所にアリーナ席、そして一階席、二階席というもの。僕は一階席に座りましたが、とても広くてよかったです。コールもしやすい!動き放題でした。その分収容人数は少なくなったでしょうが、素晴らしい環境でした。

f:id:kawakami7jp:20170307233238j:plain

とはいえ流石に遠く、踊る姿は見られましたが、表情まではわからないといったところ。アリーナ席は楽しそうでした。

 

 

さて、肝心の内容について。単刀直入にいうと、最高でした。

 

つぶフェスは、「欅坂とHKTの対決」と「LIVEパフォーマンス」の二本立て。

 

<対決の内容>

  1. バスケフリースロー対決
  2. 暗算対決
  3. 10秒ぴったり対決
  4. 尻相撲対決
  5. あっち向いてホイ対決
  6. 大繩対決

 

見どころはいろいろありました。最初のフリースロー対決では、一点ビハインドで外せば負けという状況で、われらが平手ちゃんが見事に決めるという、しょっぱなから熱い展開。さすがエース、持ってるなぁと思いました。

あっち向いてホイ対決では、欅坂からベリカが参戦。あれだけでDVD作れるってくらい面白かったです。最後の大繩対決では欅ちゃんが見事に45回跳んで勝利。アツかったです。

 

 

対決の間に、エキシビジョンマッチとして、欅坂とHKTで楽曲交換が行われました。

欅坂はスキスキスキップ。HKTは二人セゾン。さくらが平手ポジで踊りました。てっきりサイマジョだと思っていたので意外。さくらのソロダンスもかっこよく、会場からは驚嘆の声が上がっていました。

 

 

LIVEパフォーマンスはもう、最&高。

<欅セトリ>

(3rd)OVERTURE
① 大人は信じてくれない
② 語るなら未来を…
MC①
③ 手を繋いで帰ろうか
MC②
④ 二人セゾン
⑤ 世界には愛しかない
サイレントマジョリティ
MC③

 手を繋いで帰ろうか、とかセカアイとか聴けて最&高。

 

<HKTセトリ>

overture
しぇからしか!
HKT48
君のことが好きやけん
ハイテンション
桜、みんなで食べた
12秒
メロンジュース
最高かよ

 HKTを生で見たのは初めてでしたが、素晴らしかった。作品としての欅坂、楽しみとしてのHKTって感じ。なんといっても指原の煽りがうますぎる。はなちゃんぐうかわいい。まりあちゃんもかわいかったです。超盛り上がりました。最後のほうとか完全にHKTオタになってた。めっちゃ楽しかったなぁ・・・。

 

 

と、こんな感じで2時間半の最高の時間を過ごしてきました。平手を中心としたパフォーマンス。抜群の安定感と、何度でも楽しめるパフォーマンス。ありがとう欅坂!おかげで僕のQOL爆上げですわ。

 

そして、HKT。やりにくかったとは思いますが、とても楽しかったです。今回、HKTにとってはかわいそうな環境でした。まず、観客の比率。8割が欅坂ファン。会場は緑に染まり、HKTファンはぽつぽつ。メンバー登場時の声援の大きさも歴然とした差がありました。そして、象徴的だったのが、HKTが「時間の都合」という理由で、出演機会をカットされたこと。「大繩対決」は、もともと両軍が二回ずつ跳んで、その数を競うというものだったのですが、欅坂は二回チャンスがあったのにも関わらず、HKTの二回目は時間の都合でカットされました。欅坂の二回目はもう大盛り上がりでした。それに対して、二回目を跳べずに捌けていくHKTはあまりにもかわいそうでした。

 

なんでこんなことになってしまったのか。これはやはり、欅坂とHKTの「実力差」にあると思います。端的にいうと、明らかに欅坂のほうが「良い」んです。有象無象のアイドルと違って、一つか二つ上のランクにいる。乃木坂みたいに洗練されている。それでいて、まだまだ上があるように感じさせる、欅坂のパフォーマンスは天井知らず、限界を感じさせないのです。HKTも頑張っているし、素晴らしいパフォーマンスです。踊りは一生懸命だし、煽りもうまいし。ライブに慣れているなという感じもしました。それでもやっぱり、欅坂には劣っている。これは贔屓目とかじゃないです。多分HKTのファンもそういうと思う。今回は、この「実力差」が如実に表れた対決だったと思います。

 

公演のあと、さっしーは泣いたそうです。でも泣くってことはそういうことでしょ。これからのHKTから目が離せません。